集団分析について

ストレスチェックを活用した一次予防の推進には、集団ごとのデータ集計と分析は欠かせません。 Selfシリーズを用いた組織分析では、前年比較や業界比較、企業規模比較等、ベンチマークが可能な指標により、組織のストレス傾向を詳細に把握することができます。本分析結果をもとに、職場のストレス傾向を把握し、職場環境の改善を推進していくことが可能です。

より具体的な施策を進めるために、組織分析だけでなく、各種教材や研修、コンサルティングをご用意しています。
【教育・研修・コンサルティングについては、こちら】

Self組織分析結果(全体分析/部署分析)

組織の傾向を集計・分析してご報告いたします。職場全体、各部署ごとのストレス状態や改善課題、体策等をご提案します。継続運用により、職場改善のためのPDCAサイクルをサポートします。

1) 組織分析結果

全体分析概要

全社の集団分析結果をレポートします。各分析結果は偏差値にて表示し、
分析項目による高低や課題をわかりやすく表示します。

  • Self独自の「ストレス判定図」による「負荷・共感判定」および法律に準拠した「周囲のサポート判定」
  • 分析結果では、前年比較、業界比較、企業規模比較等のベンチマークが可能
  • 課題部署の抽出から対策提案、コンサルティング等の職場改善を推進

  • 【各種健康度の詳細/質問傾向/全体傾向/Selfストレス判定図など】

  • 上記のイメージはSelfシリーズです。

2) 部署分析

部署別の「組織調査結果ご報告書」を作成します。
各部署の課題の把握や管理職層へのフィードバックにご利用いただけます。

【部署分析結果/質問回答構成比】