● 自律訓練法をやってみよう ●

●自律訓練法はもっともよく知られるリラクセーション法の1つ。 1932年にドイツの精神医学者J・H・シュルツ教授が始めました。

●心療内科や精神科などでも使われる一種の自己催眠法で、わずか数分で  全身をリラックスさせることができ、心身の疲れがすっきりとれます。

●慣れてくると、誰でも・いつでも・どこででもできるようになるので、是非チャレンジしてください。

●「準備と姿勢」ができたら、「6つの公式」にチャレンジしましょう。 最初は「第2公式」までで十分です。

●最後に「消去動作」をして、気分スッキリ。

自律訓練法の流れ


 

1.準備と姿勢

静かに落ち着ける場所で、はじめよう!
 

2.6つの公式

まずは、第2公式まで覚えてやってみよう!
 

3.消去動作

最後には消去動作をして、スッキリしよう!
 

自律訓練法の
  2つのコツ

自律訓練法をマスターする2つのコツは「言語公式」と「受動的集中」 です。
難しそうに聞こえますが、やってみると、意外にカンタンです。


自律訓練法に慣れてくると、ちょっとした仕事の合間や電車のなかでもできるようになります。一度できるようになれば、いつでもからだに意識を向け、心身ともにリラックスできる方法として一生涯の財産になります。
心身症や神経症の治療にも使われ、脳波や皮膚温、呼吸数、血圧、胃腸の機能などが好転する。とくに症状がなくても日常のリラクセーション法としても効果的なので、是非ともチャレンジしてください。

<< メニューへ戻る 「1.準備と姿勢」へ >>