ストレスチェックについて

ウェルリンクでは、ストレスチェックの調査票を複数ご用意しております。(2017年1月時点 3種類)
それぞれ、webタイプ・用紙タイプからお選びいただけます。

Self健康増進モデルについて

ストレスチェック制度にて推奨される「職業性ストレス簡易調査票」はNIOSHの「職業性ストレスモデル」をもとに、1995年から1999年にかけて開発されました。
「総合ストレスチェックSelf」は2000年にメンタルヘルス指針が公布されて後、こうした先行研究を参考に「心とからだの健康づくり」を目的として、2002年に開発しています。職場のストレス要因の把握に加えて、一次予防にとって重要となるセルフケアの促進を目的にSelfを開発ご提供しています。

Selfの3つの健康度

1 社会的な健康度 職場での業務状況等、ストレス要因からみた健康度
2 心身の健康度 ストレス等による心身への影響(ストレス反応)からみた健康度
3 生活の健康度 セルフケア要因である心とからだの生活習慣からみた健康度

総合ストレスチェック

Selfスタンダード(189問)

Selfシリーズで最も質問数が多い、フルバージョン。職場およびプライベートでのストレス要因をみる「社会的な健康度」、心とからだ、行動面でのストレス反応をみる「心身の健康度」、ライフスタイルやストレス対応力、性格傾向をみる「生活の健康度」の3つから健康度を総合的に測定。ストレスへの適応力向上のための「生活の健康度」(セルフケア要因)が充実しているのが特徴です。

<質問構成>

社会的な健康度ストレス要因 業務負荷/職務共感/職場環境/家庭生活
周囲からのサポート 上司から/同僚から/家族や友人から
心身の健康度心身の自覚症状 心の健康/からだの健康/行動面の健康
生活の健康度セルフケア要因 ライフスタイル/ストレス対応力/性格傾向(Selfエゴグラム)

総合ストレスチェック

Selfライト(89問)

分析項目とほぼ同様に、質問数を少なくしたストレスチェックです。
Selfの基本的な特徴をそのままに、3つの健康度から総合的な健康づくりを推進するモデルです。

<質問構成>

社会的な健康度ストレス要因 業務負荷/職務共感/職場環境/家庭生活
周囲からのサポート 上司から/同僚から/家族や友人から
心身の健康度心身の自覚症状 心の健康/からだの健康

総合ストレスチェック

職業性ストレス簡易調査票(57問)

法定57項目を用いたストレスチェックです。
結果へのコメントはオリジナルで作成しており、適切なコメントを表示します。

<質問構成>

心身のストレス反応
仕事のストレス要因
周囲のサポート、他

用紙タイプとWebタイプ(こころ♥元気生活)について

チェックは、用紙タイプ・Webタイプそれぞれご用意しております。ご実施の環境に合わせてお選びください。

用紙タイプ ストレスチェック

職場にて配布回収いただく用紙タイプのストレスチェックです。
パソコン環境がない場合など、ご状況に応じてご利用ください。個人結果はご希望の場所に親展郵送いたします。

Webタイプチェック こころ♥元気生活

「こころ♥元気生活」はストレスチェックのWebタイプ+充実のセルフケア・コンテンツです。
ストレスチェックの結果に応じて、自身でストレス対策を実行するための各種コンテンツをご用意。
パソコンから、スマホから、いつでも安全にアクセスできます。

  • Selfスタンダード:チェックシート
  • Selfライト:チェックシート
  • 職業性ストレス簡易調査票:チェックシート
  • こころ元気生活:トップ
  • ストレスチェック:質問(スマホ)

個人結果について

ストレスチェックを受検されたお一人おひとりに、個人結果として「Self健康アドバイスシート」をお届けします(Webでは画面閲覧)。この健康アドバイスシートでは、チェック結果をわかりやすくグラフ表示するだけでなく、各人の健康状態にそった解説コメントやセルフケアについてのアドバイスを行っています。
また、チェック結果に基づく高ストレス者判定、カウンセラーへの相談勧奨、医師面接の要否等について、各事業場のメンタルヘルス施策に即してお伝えすることが可能です。

  • Selfスタンダード:アドバイスシート
  • Selfライト:アドバイスシート
  • 職業性ストレス簡易調査票:アドバイスシート
  • ストレスチェック:結果
  • ストレスチェック:結果(スマホ)